神々が住む土地からパワーをもらおう。長野の神秘的なパワースポット3選!

長野県は信州と呼ばれますが、神の国「神州」とも呼ばれていた土地でもあるんです。周りを山々に囲まれている長野には、山に住む神々に守られているかのような大自然がたくさんあります。今回はそんな長野の神秘的なスポットをご紹介します。

 

1:河童橋

 

上高地にある梓川に架かる木製の吊橋で、その美しさは、かの有名な文豪、芥川龍之介をも魅了したと言われています。橋上から見る景色は、どこを切り取っても絵になる絶景が広がっており、訪れる人々の心を掴んで離しません。

 

2:戸隠神社

 

霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の5社からなる、2000年余りの歴史がある神社です。天の岩戸開きに関連した神々が祀られており、パワースポットとして人気を集めています。

 

3:阿寺渓谷

 

長野県大桑町の木曽川の支流、阿寺川に位置するこちらの渓谷。光の当たり加減によって、色を変えるエメラルドグリーンの川は、思わず息を飲んでしまうほど美しい景観を見ることができます。

 

まとめ

 いかがでしたか?

スキーやスノーボードなどウィンタースポーツで訪れる人が多いエリアですが、こういった神秘的なスポットを巡ることで、長野の違った表情を見ることができますよ。

長野へは、まる一日遊べる夜行バスがオススメです。予約はこちらのサイトから。